no

2016年現時点でもますます絶好調な格安スマホ。
うちも、、、というか夫婦でドコモから乗り換えよう!ということで、解約しても違約金がかからない1か月期間に突入した自分がまずは最初にやってみよう!と楽天モバイルに乗り換えてみた。

たぶん、スマホ代を節約したくて、、、という方はめっちゃ多いでしょうからお役に立てるようまとめておきました!

・妻のスマホ代が異常に高い!節約したい!
・いざ、乗換え!ドコモショップ⇒ネットから楽天モバイル申込み

妻のスマホ代が異常に高い!

今までは携帯代は何となく夫である私が同じクレジットカードから夫婦二人分の料金を払っていました。
キャリアはドコモで、もう14年以上も契約していたんですよね。
ですが長期契約者への優遇も特にありませんし、いつかは格安スマホへいってやろう・・・そう思っていたんです。

で、そのきっかけになったのが妻のスマホ代が1万円を超え続けていた事実に気が付いたこと。
私は6500円前後だったんですが、子供が二人いてこれから家も、車も・・・って時期にこの出費はどうなのよ?と思ってチェックしてみたんです。

結果、妻はスマホを買う時にいろんなオプションに入っていて、DTVやらDマガジンやらとにかく無駄が多い!
加えて通話し放題のプランだったものの、大して通話はしていない!という有様。
マジ頼むぜ、妻よ・・・という感じで、それなら二人一緒に格安スマホへGOしよう!というのが事の発端になったわけです。

いざ、乗換え!ドコモショップ⇒ネットから楽天モバイル申込み

で、まずは実験台一号として最初に旦那である私が乗換えしてみることに!
調べてみると格安スマホの業者でいっぱいあってホントに??状態だったんですが。どちらも端末買い換えたいよね~子供もいるからもっといい画質で撮りたいし!ってことで、SIMとのセットでいろんな端末が安くなる楽天モバイルにすることにしたんです。
端末も変えたい!って方は楽天モバイルが断トツ良いですよ、やっぱり。
何とも言っても選べる機種数がかなり多いですから。

で、格安SIMにするにしても、今までも電話番号を引き継ぐナンバーポータビリティー、通常MNPは必須条件でした。
キャリアメールがなくなるのは全然良いとしても、番号が変わるのはさすがにね・・・。

MNPを利用するには、まずはドコモでMNP予約番号というのも出してもらう必要がありました。
これを格安スマホ購入時に入力するんです。

そのMNP予約番号のゲットの仕方なんですが、どうやらMy docomoで出来るとのこと。
ドコモオンライン手続きからやってみるものの・・・「は?できねぇし!!!」

docomo-mnp

もうね、この作業やってたのが深夜なんで諦めて、大人しく近くのドコモショップ行こって思いました。
平日は仕事で忙しくて込み入った話できないですし、ドコモショップに行くのも最後の想い出作りだ~みたいなノリでね。

そしてその週末。
ドコモショップ センター北プレミア店に出向き、MNP転出希望の旨を伝えたらすぐに書類が出てきました。

1476501144734

DSC_0404

そしてついでにMy docomoで転出番号が発行できなかった理由聞いてみたんですが、深夜の時間帯だと処理ができない!んだそうです??
この辺は機械的にやっているはずなのにちょっと??な回答ですよね。それに忙しい現代人は深夜にやる人も多いでしょうし・・・つーかドコモともこれでおさらばなので別にいいですが。

楽天モバイルで端末割引と共に格安スマホデビューへ!

僕が楽天モバイルで申し込みをしようとしたのが10月であり、ちょうどオータムキャンペーン開催中でした。
最初は一番安いスマホでいいや~くらいに思っていたものの、家族写真の撮影も考えカメラ機能が良い機種に・・・ということで「ZenFone Selfie」に決定。
キャンペーン価格でなんと15,000円ですよ!安っ!

で、ここから初めての格安デビューの方にもわかりやすいよう、PCの画像キャプチャ付きで申込みの流れをご紹介しちゃいますね!

まずポイントとなるのがSIMのタイプ。
090や080番号で普通に通話したいという大多数を占めるであろうスマホユーザーは「通話SIM」を選びます。
050データSIMはアプリで通話したり、050番号を使うって人だけ。

rm3
※ちなみにこの画面では端末代が37,800円となっていて、割引価格表示ではなく焦りました。
ですが、もう少し先の決済画面でちゃんと割引適用額となりますのでご安心ください。

お次に通信のプランですが、おすすめは5GBプランとなっていますが、動画とか頻繁に見ない限りは3、1GPでちょうどいいでしょう。
あとからもプラン変更できますのでまずはこのプランで様子見るのが一番良さそうです。
基本、家にいる時はWi-Fiで接続しますし、それなら通信料もかかりませんよね。
外にいる時にどれだデータ通信してるか、が1つのカギになります。

rm4

あとはオプションの選択もありましたが、私は何一つつけていません。前のスマホも保障系オプションは付けずに何の問題もありませんでしたし、妻もそうでした。
高校生、大学生のようにヘビーに使うわけでもなく、乗換の目的はあくまで節約である以上、この辺のオプションはなんら魅力ではありませんでしたから(^_^;)

rm5

ちなみにこの後、申し込み者情報を入力することになりますが、既に楽天会員だとその手間も省けます。
そしてドコモから発行してもらったMNP予約番号もここで入れることになりますのでご用意を。

ですがそれ以上にここでポイントになるのが「楽天でんわ5分かけ放題オプション」でしょう。
これは月額850円かかるものの、自分発信の通話も5分以内なら何回でもタダになるというシステム。
しかも5分を超えた分の通話料も他の格安スマホ業者よりも安かったりします。
このオプションは入って当たり前のサービスと思って間違いありませんのでぜひどうぞ。

・・・というわけでここまでで楽天モバイルへの申し込みが終了です。
事前にMNP転出予約番号さえゲットしておけば比較的簡単にできますね!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。