下田セントラルホテル 宿泊記ブログその1(部屋)


重要!下田セントラルホテルはじゃらんで予約すべき

日本国内には多数の旅行サイトがありますが、宿泊系で使うなら絶対的にじゃらんです。というのも、宿泊料金の2%分がポイントとして溜まり、それが次回以降に使えるから。つまり実質的な割引となりますが、他のサイトは一般的には1%が多いんですよね。じゃらんならその2倍です。

例えば家族で3万円の宿に泊まればもらえるポイントは600P(円分)。5万円なら1000Pですよ!!こういうのはチリツモなので長い目で見れば相当お得になります!別の旅館、ホテルに泊まるにしてもぜひじゃらんを通じて予約してください。本気でおすすめします。
じゃらん「下田セントラルホテル」のページ

1430466406035

下田セントラルホテルに泊まりにいった今年のGW。
楽天やらじゃらんの口コミを参考に、且つちょうど源泉かけ流しの露天付き客室が空いていたので予約したわけです。

直前に伊豆グランバル公園で子供と遊び、下田まで下ってきました。
道中、非常に田舎感のある道を走り、田舎モードに入りながらの旅館到着です。
田舎だけあって、旅館の駐車場は広々として非常に余裕があります。

さて、今回お世話になったのが102の田牛という名前の部屋
相玉温泉を自家源泉にもち、豊富な湯量を部屋付き露天風呂で楽しめる部屋です。

まずは部屋の露天!

部屋に付いている露天風呂ですが、はっきり言ってこれは(も)最高の一言に尽きます!
よく宣伝用に撮った実は狭いけど広く魅せているような写真・・・ではなく、本当に広いですし周りの景色も素晴らしいです。下田セントラルホテルに宿泊したのが5/1なのでシーズン的には新緑の季節。露天風呂に浸かりながら大青とした新緑を眺め、且つホトトギスの鳴き声などが聞こえてきます。ちょっとした庭も目の前にありますし、手入れがされていてキレイです。マイナスイオンを体中に浴びながら入ることができるこの温泉、ここまでの運転の疲れが一気に取れる瞬間でした。湯船も十分な大きななので子供1人+大人2人でも入れるくらいです。

1430466406035

1430466628348

1430466412039

1430466655157

この宿泊記ブログを書いている今でも、自然の声に囲まれながらお湯に浸かる気持ちよすぎるイメージが頭に浮かんでくるくらいです。ちなみに夜になると今度は虫の声も聴こえてきて風情が本当にあります。

その他、部屋のこととか

下田セントラルホテルは客室に関しても私の中ではほぼパーフェクトです。清潔感が非常に高いレベルで実現されていましたし、ここまでしっかりやっているというのは働いている方の意識が高くないと絶対にできないと思います。最後まで気持ちいいお部屋でした。設備的なところの要点をまとめていきますと・・・

  • 洗面台
  • 鏡もスペースも非常に広くです。アメニティもダサさが一切ありません。

    1430466359158

  • 洗い場
  • シャワーヘッドが大きくて水圧も強いです。シャワーのお湯も温泉のようです。
    AITAMAというボディーソープ、シャンプー、リンスが設置されたいました。こちら、どうやら下田セントラルさんで作っている自社ブランド製品のようです。しっとりして自分的には気に入って使ってました。

    1430466396373

    1430488905338

  • ベッド
  • けっこう大きなベッドで簡単に2つをくっつけることもできます。子供がいる場合はこれで十分に対応可能です。言えばその場でドッキングしてくれます。またベッドの両サイドにコンセントがあるため、スマホの充電に不便を感じないのが素晴らしいです。

    1430461218589

  • その他
  • お部屋の床は琉球畳で良い感じ♪ テレビの画面も大きく、空気清浄機が置いてあります。アメニティの一部としてブルガリもありました。良い香りがします笑。持って帰りやすいように小さな袋に入っていました。アメニティにもこだわる女性宿泊客のことも考えていますよね。

    そして冷蔵庫の冷えがしっかりしていてコンビニで買ってきた飲料もちゃんと冷えてくれます。これは当たり前のことなんですが、たまに冷えがイマイチのホテル・旅館があってがっかりするのでこういうのは暑い時期は嬉しいですよね。また温泉に浸かった後に飲めるよく冷えたお水も結構な量準備してくれています。

    1430469384911

    ・・・というわけで、下田セントラルホテルさん、お部屋は非の打ちどころがほとんどなく、この段階でちょっと感動すら憶えるレベルです。何というか、単に清潔・キレイだという感じではなくて、宿泊客のことをしっかり考えた結果このような素晴らしい部屋になっている!という本質・軸がしっかりしている点を感じさせてくれます。こういう旅館の出会えるのはけっこう稀だと思いますよ。痒いところに手が届いている、という表現がぴったりです。